中村天風財団OFFICIAL書籍・CDサイト
マンガ

マンガ中村天風 第4巻「光ある道」

著書:
原作:遠藤明範 漫画:木村直巳 現在・監修:天風会
定価:
1,257円(税込)
発行:
天風会(監修)

作品紹介

中村三郎は如何にして「天風」となったか。

五十年の長きにわたって人生に悩める人々を教え導いてきた哲人・中村天風。

明治、大正の激動の時代を背景に、中国大陸、欧米、エジプト、インドと、人生の真理をつかもうと世界を駆けめぐった中村天風の波乱に満ちた生涯を初のコミック化。

STORY

 ヒマラヤ山中での修行を終えた中村三郎は、日本に帰国を果たした。強靱な心身を取り戻した三郎は、実業界に身を投じ、成功をおさめる。夜毎、料亭にくりだし享楽に身をゆだねる三郎。だが、いつしかその心に、空虚さがつのっていった。自分はこのままでいいのだろうか。死すべき命を甦らせた己が、真になすべきことは何なのか。苦悶の日々を送る三郎に、第二の悟りの時がやってくる。マンガ中村天風、堂々の最終巻。

■ 目次

INDEX  
第1章 地の声 天の声 
第2章 絶対の静寂 
第3章 巷間に遊ぶ 
第4章 通い路ふたつ 
第5章 心の作用 
第6章 よろこびの使者 
第7章 我が使命 
第8章 天風として活きる